「えにし」について > 施設紹介

施設紹介

健康住宅として実績があり、半永久な効果のある『抗酸化工法』を採用

えにし本社と環境回復サロン「るるど」、和洋創作料理「あ・うん」の建物は、健康住宅を作る技術として実績のある『抗酸化工法』(注1)で施工されました。

この工法は、物を腐らせない特殊な酵素溶液を用いたものであり、フリーラジカル(活性酸素)の除去によるアンチエイジング等の効果、シックハウス症候群(化学物質過敏症)の原因となる有害化学物質の分解のほか、鮮度保持・消臭・省エネルギー・害虫忌避効果が確認されています。

 

(注1)抗酸化工法は、会田総合研究所の開発した技術です。

建築のユニバーサルデザイン

視覚障害者誘導用ブロック(点字ブロック)
視覚障害者誘導用ブロック(点字ブロック)

材質の違いにより誘導する視覚障害者誘導用ブロックを採用し、利用者全体の安全性を高めています。

一般的な「点字ブロック」の凹凸は、視覚障害者にってはメリットですが、高齢者などの足の弱い方や車イス利用者にとっては、転倒などのデメリットがありました。

 

だれでもトイレ
だれでもトイレ

このだれでもトイレが、杖歩行の方、車イス利用者にとって使いやすいことは言うまでもありません。

えにしが重要視したのは、オムツ利用の方への配慮です。

トイレの中でオムツ交換ができるようになっています。

さらに、人工肛門や人工膀胱(オストメイト)増設術後の方にとっても、排泄物を楽に処理できるような配慮をしています。

自然回帰水(タイセイ工業)生水器を設置

健康に配慮した飲料水と環境保全に配慮しています。

(設置場所:環境回復サロン「るるど」、和洋創作料理「あ・うん」)

「アースプラス加工(信州セラミックの開発した特許技術)」による抗菌加工を実施

「らぽーる(えにし北長野事業所)」では、信州セラミックス株式会社と提携し(注2)、ご利用者様とスタッフの感染症の未然防止に最大限努めています。

一般的に感染症は、活動量の多いご利用者様やスタッフの手や、カーテンやシーツ、部屋の空気を介して、菌やウイルスが広がることによって引き起こされます。

アースプラス加工を施したカーテンやシーツ、空気清浄機は、消毒剤を使うことなく菌やウイルスを分解し、感染防止に貢献しています。

 

*信州セラミックス株式会社 http://www.shincera.co.jp/earthplus_product/

**「らぽーる(えにし北長野事業所)」は、空気清浄機(アースプラス製品)や、流し台(排水溝のゴミ受け)、カーテン、シーツなどのリネン類などにアースプラス加工を施行。

(注2)信州セラミックス株式会社のアースプラス加工と製品のショールームになっています。